今回は無料ブログで
アフィリエイトをすることについて
少しだけ深堀りしたいと思います。

いろいろな意見がありますが
とりあえず可能なのかと言われれば
ふつうに可能です。

ただ、様々な理由から
あまりおすすめできないというのが
結論になります。

初めのうちは無料ブログでも
十分だと言えるかもしれませんが、
長くやっていくほど
気持ちは変わっていくはずです。

 

無料ブログのいいところ

 

まずは基本的な部分と
メリット的なことから入っていきましょう!

無料ブログはその名の通り、
お金をかけずに使えるブログのことで
誰でも開設することができます。

ブログサービスごとに
細かい違いはあれど、
機能的には大体みんな似ています。

いくつかテンプレートがあったり、
ひとつのIDで複数のブログが作れたり、
htmlやcssの編集が出来たりです。

最近はサービスが終了するブログが
増えてきていますが
大手が運営しているなど、

現在でもガッツリ運営しているブログは
バージョンアップを繰り返してきて
使いやすさも向上してきています。

Googleの影響なのかはわかりませんが
どちらかというと見た目がシンプルで
見やすい編集画面の所が多い気がします。

で、そういうところもそうですが
無料ブログの主なメリットは、

当たり前ですが無料で使えること、
そしてドメインが強いこともそうです。

無料ブログは運営元のドメインに
紐付いたページを使うことになるので
必ず運営元のURLが付随することになります。

例えばライブドアだったら
livedoor.jp/○○○○みたいな感じです。

livedoor.jpなどのドメインは
長年使われているなどの理由から
検索エンジンから一定の評価を得ています。

なので新規ドメインで始めるよりも
上位表示しやすいというのが
SEOではよく言われていたことです。

ただ、最近は情勢がだいぶ変わっています。

 

タダで使えるのはワケがある

 

ここからが本題ですが
無料ブログには多くの欠点があります。

先程の話から繋げると、
SEO的に有利という要素は
だいぶ薄れてきているようです。

例えばはてなブログなんかはわかりやすい。

はてなブログはGoogleと提携してるので
以前からSEO的に強いと言われてますが、
昨今のGoogleアップデートの影響で
特に優位性はなくなってるとのこと。

他の無料ブログも年によって
強い弱いと言われ続けてきましたが
最近は大差ないかもしれません。

僕はSEOに対して興味が薄く
そんなに詳しくはないのですが、

ふつうに考えて特定のブログ媒体が
SEOに強いとか弱いとかがあると
不自然だし不公平だと思います。

次に広告について。

無料ブログが運営出来ているのは
広告収入があるからです。

それが無料で使える条件であり
トレードオフな部分ですね。

仕方ない部分ではありますが
広告の位置が変えられないとかで
デザイン的に問題が出てきます。

中には広告を非表示にできる
ブログもありますが、
スマホ表示の場合は消せないという
オチ付きだったりします。

そして削除や規約変更の可能性。
これが一番の問題かと思います。

規約に違反すると何の予告もなく
削除される可能性があるんですね…

サーバー+独自ドメインでも
そのサーバーの規約を守らないと
いけませんが、

どちらかというと無料ブログのほうが
厳しいイメージがあります。

バックアップをもし取っていなかったら
取り返しがつきません…

アフィリエイトの可否も運営の都合で
いきなり変わることもあります。

もし途中でアフィリ禁止になったら
リンクを外すとか記事を削除するとか
めんどくさい作業が待っています。

逆に正式にOKを出すところもありますが
どこまで良いのか悪いのか
曖昧な部分もあるようなので
どこか狭苦しさを感じます。

前にもどこかで書いたと思いますが
たとえバックアップを取っていたり、

サービス終了に伴う引越しなどが
出来たとしても、

URLが変わることにより
検索エンジンの評価が狂うこともあり
やっかいな部分が多い印象です。

他にもカスタマイズしにくいとか
気に入ったテンプレがないとか、

ワードプレスみたいに
便利なプラグインが使えないとか
いろいろ細かいデメリットがあります。

ただより高いものはないに
かなり当てはまるものかなと
個人的には思います。

 

まとめ

 

無料ブログも記事書きの練習とか
入門としてアフィリを始めるとか
そういった意味ではいいですが、

制約が厳しいといえば厳しいので
本格的にやるには不向きです。

たとえ有料版を使っていたとしても
基本的なリスクは変わらないと思います。

お金を出せばなんでも許される
みたいな考え方はおかしいですので(^o^;)

てことで、何にでも当てはまりそうですが
無料には無料のワケがあるということを
忘れないようにしましょう!