今回はリサーチする際に便利な
お問い合わせについてです。

おそらくほとんどの人は
画面に映ってる情報だけで
完結させようとしますから、
やってる人は少ないかもしれません。

だからこそ活用する価値が高いと
個人的には思います(^^)

◆ほとんどの人が使わないツール◆

マニュアルでも少し触れましたが
リサーチするうえで
けっこう使えるのがお問い合わせです。

かなり詳しく丁寧に解説している
公式サイトだったとしても、

必ずといっていいほど
疑問点の1つや2つはあるものです。

例えば全国送料無料と書いてはいるものの
離島も本当に無料かな?

とか明確に書かれていないから
気になるところが出てくると思います。

そういうときにパッと質問できるのが
電話という便利ツールです(^^)

メールでも良いのですが、
すぐに答えが返ってこないので、

ちょっとした疑問が1つか2つある場合は
電話のほうが手っ取り早くて良いです。

覚えるのが自信がないとか
ちょっとややこしい質問、
文字情報として残しておきたい
というときはメールのほうがいいですね(^^)

問い合わせるときは
自分の身分とか名前とかは
明かさなくても大丈夫です。

基本的に一般の消費者というスタイルでOK。

ちなみに僕は以前、
ノンエー石鹸の運営元である
プライマリーさんに
電話で問い合わせたことがあります。

返金保証を適用する際、
商品を返送する必要がありますが、
冊子類も同梱しないといけないのですか?

というシュールでマニアックな
問い合わせです(笑)

で、冊子類は大丈夫ですと
すぐに教えてくれました(^^)

そういう情報も立派な記事ネタの
一部になりますよね!

どこを見ても載ってないような情報だと
お、ここは他と少し違うことが書いてるぞ!
と好印象を持たれる可能性もあります。

何を聞くべきかの基準はないですが、

あえて言うなら自分が気になったこと、
必要そうだと感じたことでしょうか。

もちろんですが、
問い合わせてわかったことは
すぐメモしておきましょう!

ちなみに、直接お話することで
その企業の第一印象もわかります。

大抵の企業はちゃんとしてると思いますが、
中には適当な対応をしてるところも
少なからず存在してると思われます。

それだけで商品の善し悪しは決めれないですが
ひとつの参考にはなりますよね。

本当のその商品を紹介すべきなのか、などと。

こういう風に、
画面上ではわからないことが
得られる可能性もありますので、
覚えておいてくださいね(^^)