今回はネガティブなことに
焦点を当てたいと思います。

基本は商品やサービスの良さを
アピールしていくものですが
それだけだと不自然になるので、

ネガティブなことも
意識する必要があります。

もちろん精神的に
後ろ向きになってはいけません(笑)

 

◆メリットだけだと不自然◆

 

いろいろ調べ物をしていると
良いことばかりではなく
悪いことも目に触れます。

商品レビューを見ると
けっこう辛辣なことが
書かれていたりします。

あと口コミとかでなくても、
自分が取り組むジャンルを深堀りすると
イロイロ出てきますよね。

そういうのも重要な情報として
捉える癖をつけたほうがいいです。

ある意味ではそっちのほうが
重要といっても過言ではありません。

なぜそう思うのかと言うと、

生物は本能的に危険を察知するように
できているので、

ネガティブな情報のほうが
注目しやすいのがひとつ、

そしてアフィリエイトという世界は
メリットに偏っている部分があるから。

一昔前よりは正しい認識が広がり、
メリットだけでなく
デメリットもちゃんと伝えないとダメよ?
などとよく言われます。

メルカリとかヤフオクで出品する際、
ちょっと汚れてたり、
破損してる部分も写真を撮って
ちゃんと伝えるのが大事なのと同じです。

どんなものでもメリット・デメリットが
混在しているのが真理ですので、

良いことばかり書いていたら
不自然極まりないことです。

むしろ、正直にこういうところは悪いと
伝えたほうが信用されるとも言われるので
あんまり臆せず伝える時は
ちゃんと伝えたほうがいいですね!

そのためにも、
ネガティブよりなリサーチや
記事書きも必要になってきます。

 

◆ネガティブ情報のほうが重要!?◆

 

今の時代は比較することが
当たり前ですので、
エクセルでメリット・デメリットを
メモっておくと便利だと思います。

口コミでは星1とか2の意見を
見るのがポイントです。

個人的なイメージでは、
高評価な口コミよりも信用度が高いです。

それこそズバッと言いますからね!

あと、僕はたまに会社名で
検索することもあります。

稀にですが、
かなり評判が悪いところを見かけます。

例えばランディングページでは
見栄えがすごくよく
サービスが行き届いてるように見えて、

実は返品や返金の条件が厳しくて
買って後悔するようなものもあったりします。

就職関連のサイトとかに
会社の内情が垣間見えるような
口コミが載ってるケースもあり
思わぬことがわかることもあります。

非常にブラックな部分ですので
心情的にちょっとダメージを
負う部分かもしれませんが、

情報発信者という立場なら
とても重要な部分ですので
いろいろ知る必要はあると思います。

記事書きについてですが、

僕は言う時は言うのが大事と
思って生きているので
健康に関するものは
よくズバッと書いてました。

「この化粧品はすごく人気があって
実際に効果を体感してる人も多いですが、
なんでこの成分を使ってるのか疑問です。

これがなければほぼオールOKなのに
とてももったいないですね。」

こんな感じで(^^)(笑)

文面からもわかるように、
ネガティブだからといって
口悪く書きません。

この商品は○ソだ!とか
絶対買ってはいけない!とかですね。

それだと違った意味で
読者に不快な思いをさせてしまうので、
やんわり伝えてほしいと思います。

比較するにしても、

「僕はどちらもそれなりに
良いものだと思いますが、

Bの商品はこれがないのが
どうしても気になるんですよね…

だから消去法になりますが
僕だったらAを買います。」

みたいな感じです。

リアルでも口が悪い人って
距離を起きたくなるじゃないですか。

いくらネガティブな話題としても
文字からでも感情はすごく伝わるので
そのことも忘れずにお願いしますね!