アフィリエイトを始めたはいいものの、
どうも記事を書きたくないという日々が
続いていませんか?

結果を出すためにはコツコツと
書き続けなければならないとわかっていても
手が止まってしまう気持ち。

僕もすごくわかります(^^)

ということで今回はそんな矛盾めいた
テーマについて思ったことを
つらつら書いていきます。

 

記事書きが面倒なのはわかります!

 

当たり前すぎることですが
アフィリエイトをするということは
記事を書くこととほぼ同義です。

いろいろやること、
覚えることはあるのですが
まずは記事がないと始まりません。

数あるアフィリ活動において
記事書きは最も基本的な事柄だと
個人的には思います。

ただそれがある意味では
一番の問題でもあるんですよね…

あなたはすでに経験してると思うので
わかると思いますが、
記事書きが一番ガッツを消費します!

それは脳のウィルパワーはもちろん、
指や腕、肩、首が疲れるなどの
体力的なこともそうです。

眠気があったり満腹だったり
風邪を引いてしまったり
健康面に少しでも問題があると
さらにしんどい作業になります。

自分の興味がないジャンルの記事を
頼まれたときなんかも
ガッツの消費が激しいですね(笑)

僕も紆余曲折を経てきてるので
記事を書きたくないという
気持ちはすごくわかります。

人間なんで疲れることはありますし
悩みが邪魔して作業が捗らない
なんてことだってあります。

なのでとりあえずそういう日もある、
そういう自分を許す、
という考え方も大事だったりします。

 

そもそも自分に向いているのか…

 

ではお得意のそもそも論の
コーナーでございます(^^)(笑)

記事を書きたくない理由は
不調によるものだけなのか、
というのが今記事の主題です。

もちろん色々考えられるのですが
個人的には大きく分けて
3つあるかなと思います。

 

1・健康的な理由
2・興味がないジャンルに手を付けている
3・アフィリエイトに向いていない

 

1つ目はさっきも少し言及したところで、
肉体的だけでなく精神的な意味も含みます。

2つ目は儲かるという軽い気持ちで
参入してしまったパターンが多そう。

興味がないジャンルのことなど
記事を書く以前に調べることすら苦痛です。

よほどな理由がない限り
やるべきではないですし、

少しでも興味・関心がある分野に
鞍替えするのが得策だと思います。

そして3つ目!

2つ目の理由のスケールが大きい版ですね。

大きすぎて、もしくは目の前のこと過ぎて
気づきにくいことかもしれません。

近年は副業やら在宅ワークが
注目されているので、
世間の波に乗って参入する人も
多いと思いますが…

やっぱりどんな分野も
向き不向きはあります。

誰でも好きなこと、
やりたいことはあると思いますが、
それは文字を書くこととは
全くの別次元の話です。

なにかのスポーツで結果を出して
有名人になったとしても
必ずしも本を出すとは限りませんし、
ブログを開設するかもわかりません。

もし苦痛に感じるというレベルならば
思い切って辞めることも大いにありです。

ストレスばかり溜まっていたら
それこそ人生がもったいですし…

最終的にどう判断するかは自分次第です。

ただ少し思うのは、
マジで文字を書く行為が嫌だと思う人は
そもそもアフィリをしようなんて
思わないと思うんですよね。

あなたがこの記事を
ご覧になられてるということは、

少なくともアフィリエイトという手法は
ある程度知っていると思うので
すぐに辞めたいとは思わないはず。

ここで大事なのは、

どうしよう~(~_~;)ではなく、

じゃあどうすべきか(`・ω・´)

という思考になること。

とりあえず冷静になって
1や2のことを考えてみましょう(^^)

その間、無理に作業も継続しなくていいので
一旦立ち止まって自問自答をするのも
大事かなと思います。

全ては学びですね(^^)