ブログ記事の文字数は
どのくらいがいいのかと
悩んでいる人は未だに結構いそうです。

アフィリエイトをしているのなら
特に気にしてる人が多い傾向にありそう。

僕的な考えを先にいうと、
ほとんど気にしていないですね。

気にしてもほぼ仕方ないことだからです(^^)

 

SEO的な観点

 

記事の文字数を気にする大きな理由は
SEOが絡んでるからですよね~。

主にGoogleの評価を指しますが
文字数はコンテンツ量と関係すると
以前からよく言われています。

コンテンツ量が少ないと
その記事は低質とみなされるから
なるべくたくさん書くべきというのが
多くの人がもってる認識だと思います。

昔と比べると敷居が高くなってきた感じですが
それは人間の意識レベルが
高まってきたからだといえます。

検索エンジンやアフィリエイターだけでなく
訪問者のレベルもです。

以前は500文字とかでも十分だったのが
最低1000文字必要と言われるようになり、

2~3000文字が
丁度いいみたいな見解もあります。

人によっていろいろな考えがありますが、
重要なのは文字数に惑わされないことです。

 

文字数に対する考え方

 

わたくしいーけーの場合、
文字数に関しては次のような
考え方を持っています。

基本的には気にしない、

強いて気にするとしたら
1000文字を下回っていないか
多すぎないかくらい、です。

そもそも何文字が正解なんてないですし
天気と同じで気にしても
ほとんど意味のないことです。

たださすがに最低ラインは
設けたほうがいいかなとは思うので
それを1000文字にしてる感じです。

4桁から大台に乗ったではなく、
3桁ではさすがに少ないよね、
という認識です。

あと伝えることは
なるべくピンポイントのほうが
読者のためになりますから、

ただたくさん書けばいいわけでは
ありません。

評価を気にするあまり
無駄に文字を詰め込もうと考えると
話が脱線してしまう傾向が強くなり
それがかえって低評価に繋がります。

そういう意味で何万文字も仮に
書いてしまったとしたら、
もう少し分割できないかな?と
考える感じですね。

文字数というより、
ユーザビリティをベースにした考え方です。

少し前に、
パワーブログというものが流行りました。

一番評価が左右されると言われる
ブログやサイトのトップページに
何万文字も入れておいて
評価を上げるという手法です。

かなり文字数に囚われた考え方で
これも小手先のテクニックのひとつです。
今はもう通用しなくなっています。

その記事のテーマによって
必要と思える文字数は変わりますから、

文字数というのは相対的なものであり
ひとつの要素に過ぎません。

書いていたらたまたまその文字数になった
という認識が個人的には強いので
結果論とも言えちゃいます。

 

まとめ

 

文字数は相対的なものですので
あんまり気にしないほうがいいですね!

慣れてきたらそれなりの量を
自然とかけるようになりますし、
詳しくなってきたらなおさら。

近年は専門性が重視されてきてるので
益々文字数という概念は
下火になっていくような気がします。

とにかく学びと実践ですね(^^)