記事に感情を吹き込むからこそ人間味が出て読まれると思う
○――いーけーの前向きアフィリ通信――●

2020年7月10日号

タイトル:記事には感情を吹き込もう!

●――――――――――――――――――○


いーけーです(^^)


または、夏が大好きなので
北海道は勘弁と思う部分が多いが
結局、住めば都になってる者です。


前回に引き続き、
僕が文章を書くときに
とても意識していることを
お伝えしようと思います(^^)



意識するということは
どれも大事なことなのですが
ある意味、最も大事だと思うのが…



今日のタイトルにもある感情です!



記事と言われることが大半ですが
本来は文章です。


記事は事実を伝える文の集まりで、
それに感情や自分の考えが
プラスされたものが文章です。


マニュアルにも書きましたが
自分の色を出さないといけません。


慣れていないうちは
まだ仕方ないかもしれませんが
基本的に無機質な文って
あまり読む気がしないですよね?



典型例が説明書です。



まるでロボットが書いたような文字列で
ただパソコンから出力したような
感じですよね?


更に「わかりにくい」のおまけ付きです(笑)


ヨーロッパでは説明書作りは
クリエイティブなもので
職人として評価されてると
聞いたことがあります。


日本もそうなってほしいと思いますが
それはさておき、



どっかのポータルサイトでも
個人的なブログでもそうですが
人間らしさを感じない文章って
たくさん見受けられます。



その人の書き方や考え方、
組織のルールなどもありますので
一概に堅い文章が悪いとは言えませんが、


どちらかというと、人間らしさを
感じる文章のほうが親しみが湧き、
読みたくなると思うのです。



僕はそれをいつも意識してるので
どこか会話をしているような
感じになってるんですね(^^)



顔文字を使うのも
そういう意味も含んでいます。



リアルで会ったことがある人は
わかると思いますが、
大体同じような感じですよ!


自然体がいいよねって
いつも思ってるので
変に取り繕ったりはしません。




記事を書いていると、
つい説明に偏っちゃうかもしれないですが
なるべく「解説」になるように
心がけてほしいと思います(^^)




本日のお話は以上になります♪

いつもありがとうございます(^^)


●――――――――――――――――――○

おまけの雑談

その1


個人的にハンコ文化が好きです。

日本だけらしいので誇りに思っています。


なんでもデジタルだったら
味気ないでしょ?(^^)


なのでタッチパネルに
ペンでサインするのは好きじゃないです。

書きにくいですし(笑)



その2


うろ覚えですが、ずっと前に
世界まる見えかなにかで
物々交換を続けて家を手に入れた人が
外国のどこかにいたようです。


最初はなんとクリップですからね!
そりゃびっくりです!


当然、クリップからいきなり
家は手に入りませんから
地道にいろんなものと
交換していかないといけません。


アフィリ界ではすぐ稼ぎたい的な人が
大勢いるわけですが、裏技はないので
コツコツやるしかありません♪



その3


掃除するとやっぱり気持ちがいいです!


物も少しずつ減ってきたので
絶賛トキメキ中です(笑)


○――――――――――――――――――●