今回は大事な調べ物に関する
内容をお届けしますね!

リサーチするときに欠かせないのが
メモを取ることです。

マニュアル内でも口酸っぱく
お伝えしていた部分であり、
私生活においても大事だと思うので
しっかり覚えておいてくださいね!

◆メモをする目的◆

記事書きがテーマなのに
調べ物パートがメインみたいになった
マニュアルでしたが、

それほど重要なのだから
そうなるのは必然かなと今では思えます。

リサーチで8割決まると
いろんな人が言ってます。

記事書きにもおいてもそうで、
リサーチしないとそもそも書けません。

知らないことは書けないですから…

でも、調べてもまた知らないのと
同じ状態になることは人間よくあります。

忘却の彼方に消えるという現象。

つまり忘れちゃうってことです(笑)

今の御時世はモノが増えすぎました。

化粧品と一口にいっても星の数ほど存在し、
ライバル商品と言われるものは
ほぼ100%ありますよね。

その分野において活躍するのなら
いろんな商品知識をはじめ
それに付随する知識も必要になります。

化粧品なら健康に関することとかですね。

商品名とか価格とかだけでも
数が多くて覚えておくのはまず無理。

メモは物事を忘れないようにする
現代人必須の行いです!

当たり前のことに聞こえると思いますが
意外とできてない人が多いです。

単純にタイピングする量が増えるので
精神的にも肉体的にも
疲れる作業ではあるのですが…

忘れたら時間の無駄なので
気をつけてほしいと思います。

僕がエクセルを推奨するのは
情報が管理しやすいからですね。

ウェブページでは表があったら親切で
わかりやすいツールになりますが、

エクセルはもともとそういうものなので
メモしたと同時に表になる
とても便利なソフトです(^^)

自分なりのデータベースを
作っていくという感じですね!

もしエクセルが不慣れだとしても
そんなに多くの機能を使うわけじゃないので
最低限のことができれば大丈夫です。

ぶっちゃけメモ程度なら
関数はほとんど使わないですし
マクロなんてもっと使いません。

今思い返してみると、
僕がエクセルでやってるのは
文字の装飾とセルの大きさを変えるが
ほとんどを占めてると思います。

もちろん全部エクセルである必要はなく
記事の原稿を書くメモ帳ファイルにも
いろいろ書いておいてもいいと思います。

次の記事ネタは○○みたいな
とりあえずササッとメモるとかなら
いちいちエクセルじゃなくてもいいと
判断できるメモもあるでしょう。

どちらかというと、
メモ帳のメモは一時的なもので
エクセルは重要だからずっと
ストックしておくようなもの、
というイメージです。

パソコンでいうと
メモ帳のメモがメインメモリで、
エクセルのメモがハードディスクです。

◆手書きの大切さ◆

デジタルな作業をしていると
ついなんでもデジタルにしようと
思ってしまうところですが…
手書きも実はおすすめです。

手書きはめんどくさいから
ほとんどの人はやらないと思いますが
メリットもあります。

実際に書いたほうが
記憶に残りやすく脳が活性化します。

僕は日記を書くようになって実感したのは
漢字を覚えれるようになったこと。

キーボードばかり打ってると
読めはしても書けない漢字が
めちゃくちゃ増える気がします。

でも、手書きでいろいろ書くことで
以前まですっかり忘れていた漢字も
次第にスラスラかけるようになります。

それは脳の機能向上に他なりません。

潜在意識にも働きかけられるとも
巷では言われ始めています。

書くと願いが叶うなどの話もありますが
おそらく潜在意識にアクセスすることで
無意識的にそう行動するように
自分を促せるからだと思います。

手を動かすこと自体は大事ですから
キーボードはキーボードで
良いこともあると思います。

でも漢字が忘れっぽくなるとかはあるし
潜在意識的なことはたぶん無理っぽいので
それオンリーというのもどうかなと。

ただ、なんでも手書きというのも
現実的ではないので、

普段の作業においては
パソコンメインでいいとして、

手書きは外出先でふと思ったことをメモる、
日記や作業記録を残すなど
使い分けるといいと思います(^^)

脳力アップは何をするにしても
大事ですからね!

メモは忘れないようにするのが
第一の目的ですが、
ついでに脳力も上がれば万々歳です(^^)