ブログに100記事入れると
アクセスは増えるのか、書くと稼げるのか、
など気になってる人は多そうです。

俗に100記事神話なんて言われてますが
まあ、そう事は単純ではありません…

とりあえず言いたいことは
考え方を改めるべき、ですね。

 

よく見る目標ではあるけど…

 

なんらかの目標を決める際、
100という数字はよく出てきます。

テストの100点満点が一番印象深く、
割合も基本的に百分率ですし、
100歳まで生きれるかみたいなことは
昔から言われていますよね。

アフィリに限らずですが
月収100万がひとつの大きな目標に
なっている人はかなりいそう。

それはそれで別に問題ではなく、
100という数字自体も悪くはありません。

今回は100記事書いたけどどうなの?
というのがテーマです。

100記事神話という言葉は
記事ネタを探しているときに
最近、偶然知ったのですが、

だれかのメルマガかなにかで
100記事を超えたあたりから
アクセスが増えるというような話題を
見たことはあります。

その時はあ~そうなのね~くらいしか
思っていませんでしたが、
ここでは少し突っ込んでいきます。

当然のことながら、
100記事書いたからといって
必ずアクセスがドカンと増えるとか、

ましてや収益がドン!と
上がるなんて保証はどこにもありません。

昔よりもSEO的にも消費者の目線レベルも
上がってきていますから、
そのくらい書いてアクセスが0でも
不思議ではない時代です。

最近はYMYLと称されるジャンル、
お金や健康(命)に関わる
デリケートなジャンルは厳しさが顕著です。

でも、全く稼げないわけでもないです。

たまたま世間で注目されることが
ある記事と一致してアクセスが急増する
なんてことも起こりえます。

たくさん記事を書くほど
そういうチャンスも広がるわけですから
少ないよりは多いほうがいいです。

もちろん記事数に絶対はないので
少ないからといって稼げないとも限りません。

書いている内容やジャンル、
ブログの構成にもよりますので
ほんと一概にいえない部分のひとつです。

 

みんな稼げていないという矛盾

 

で、ここからが本題ですが
そもそも○記事書いたら稼げるなどの
発想をしている時点でまずいです…

これは記事の文字数のところでも
言及したかもしれませんが、

仮に2000文字以上で
100記事書いたら何らかの成果が
約束されてるとしたら、

それを達成した人全員が
喜んでないとおかしいわけです。

そんな方程式があるとしたら
内容がほとんどゼロの雑記ブログでも
稼げないといけなくなります。

そんな都合のいい話はないですよね…(~_~;)

でも、100記事書いたけど稼げない…

みたいな悩みが見受けられるということは
まだまだそんな思考に陥ってる人が
多いんじゃないかと思うわけです。

まずは冷静になって考えて、
短絡的な数字の牢獄から脱しましょう!

そして誰に対してブログを書くのか、
その人に教えないといけないことは何かを
地道にリサーチして、

役立つ媒体を育てるという
意識をもってほしいと思います。

適当に独りよがりの記事を
たとえ1000記事書いたとしても
誰にも見向きされません。

 

まとめ

100記事神話というものはない!
と思いましょう。

記事数が多いほどタラレバも多くなりますが
運だけでは生活はもちろんのこと、
お小遣いにすらなりません。

目先の数字に囚われず、
地道に人に役立つことを発信することが
ブロガーやアフィリエイターの
本分ではないでしょうか。