ブログネタとしてよくあるのが日記です。

文字通り、日々の出来事を綴るのですが
そのついでに稼げるのかどうか
気になってる人は多いと思います。

結論からいうと稼ぐのは難しいですが
書く意味がないかというと
そうでもありません。

 

ブログ記事と日記の違い

 

まず確認しておきたいのは
一般的にブログと言われる記事と、
日記ネタの記事は何が違うのかについて。

いろんな考え方がありそうですが、
個人的には収益が発生するかそうでないか
という違いが大きいかなと思います。

ネットが一般に広まり始めた頃は
ブログ=日記というイメージが
先行していたような感じですが、
今ではちょっと違うような気がします。

ブログはアフィリをする上で
欠かせない媒体になってますし、

何らかの経済活動として
使う人がものすごく増えています。

もちろん日記ブログという
言い方もあるように、
明確な線引きはできないと思いますが、

ややこしくなるので
ここではブログ記事=アフィリ目的の記事、
日記=稼ぎとは無関係なネタの記事
と定義して話を進めていきますね!

で、ここからが本題ですが、
日記を書くブログで稼ぐという話は
以前から存在はしています。

アドセンスという便利な広告があるので
昔は積極的に推奨されてたと思います。

雑記ブログなんて言葉もありますよね。

でも、冒頭でも言いましたが
日記とか雑記ブログで稼ぐのは
かなり厳しいと思ったほうがいいです。

内容がほとんどない
どうでもいい記事で稼げるとしたら
有名人くらいじゃないでしょうか。

どこの誰かもわからない
一般人の日記は誰も興味がなく、
アクセスもほとんどないわけですから
全く現実的ではありません。

日々の出来事はいろいろあるわけで
リサーチする必要もなければ、

特に難しいことも書く必要がなく、
ネタ切れも起こりにくいので
書きやすいというメリットはあります。

その反面、ほぼほぼなんてことない
誰得?(笑)な記事になるので
収益とは程遠いものです…(^o^;)

 

日記の役割について

 

でも、そんな日記君も
書く意味が全くないわけではありません。

全く稼ぎにならないわけでもなく、
直接的か間接的かの違いがあるだけです。

ビジネスとは全く関係ない
私生活のことや自分の感情的なことは
ファンの獲得や繋がりの強化に
貢献してくれます。

あなたも誰かのファンならわかると思いますが
その人の専門分野だけでなく、
普段はどんな感じなのかも気になりますよね?

好きな食べ物、嫌いな食べ物、
ペットは飼っているのか、
どんな車に乗っているのか、
休日はどう過ごしてるのか、などなど。

例えば猫を飼っているとしたら
猫が好きな人が共感しますし、
にわかファンがコアなファンに
なってくれるかもしれない。

ファンになってくれたら
この人が紹介してくれたから買う
みたいな心理にもなっていきます。

てことで日記的なものは
間接的な役割があると
思ったほうがいいですね。

もちろん、はじめのうちは
ふつうにアフィリをするなど
マネタイズに集中したほうがいいと思います。

最近はブログの内容に
一貫性がないと評価されにくいので
アフィリをするブログと
ごちゃまぜにしないほうがいいでしょう。

書くなら全く別媒体ですね(^^)

 

まとめ

 

単なる日記だけで稼ぐのは厳しく、
できるのは有名人くらいと
思ったほうがいいです。

直接的な収益ではなく
間接的に使うという意識を持ちましょう。

もちろん完全な趣味として
取り組むのもいいと思います。

それはそれでタイピングの練習になりますし
多少なりとも書くことは頭を使います。

お金にならない=無駄という思考は
問題だと思うので気をつけましょう(^^)