見やすい記事を書くためには
どうすればいいか考えてたのですが、

改めてお伝えしたいことが出てきたので
シェアしたいと思います。

それが意識すべき量と改行です。

 

◆意識することはたくさんあるけど…◆

 

記事の書き方というのは
すごくたくさんあるので
なかなか頭にいれるのは
難しいかな~と感じました。

本を読んでもそれがよくわかります。

人間はコンピューターと違って
一字一句正確に覚えておくことは
不可能ですし、

ところどころ覚えてるけど
ほとんど忘れてるものです。

でも忘れたままだと学んだ意味がないし
もったいないですよね…

ということで、
いっぺんに覚えようとしないのが
覚えるコツだったりします。

記事書きでもいろいろな要素があります。

人によって気になっていること、
苦手意識を持っている部分は違います。

つい改行が疎かになったり、
つい説明チックな文章になったり、
ショートカットが覚えられなかったり。

なのでそういう自分の中で引っかかるところ、
どうも気になる部分から
意識的に覚えようとしたほうが
負担が軽減するかなと思います。

物事は意識するのとしないのでは
雲泥の差が生じます。

少しずつでもいいので
しっかり覚えてほしいと思います(^^)

 

◆改行はほんとすごく大事◆

 

そして今回お伝えしたいことの2つ目。

僕が記事を書く上で
一番意識しているのは
なんだかんだいって改行かもしれません。

え、それ!?と
突っ込みたくなったかもですね(笑)

正確に言うと、
意識する頻度が高いかな~と。

単純に改行する状況が多いので
意識的にも無意識的にも、

ここで改行しよう、
あ、この場合どこで区切ろうかな~

などと考えることがとても多いですね。

改めて重要性を認識した感じです。

最近、改行について特に気になるのは
何らかのレビュー投稿ですね。

アマゾンなどのショッピングサイトや
オンライン書店など、商品ページの
下のほうにあるコメントのような部分ですね。

そういう投稿を見ると、
ほぼ例外なく横長の文章です。

あ~ほとんどの人は改行を
気にしてないんだな~う~ん…と
思っちゃうんですけど、

横長だと目を動かす長さというか
距離が増えてしまうので
単純に疲れやすいです。

このメルマガ文章のように
ある程度短く改行した文章だと
パッと見でブロック全体が見渡せるので
すごく楽になります。

まあ文章の書き方を学んでないというか
あまり書いてない人のほうが多いので
仕方ないといえば仕方ないですが、

う~ん、やっぱり個人的には
気になってしまいますね(苦笑)

句読点もあまり使われてないことが多いので
見る気が削がれちゃいます。

それがコメントする程度の
レビュー投稿ならまだしも、
長いブログ記事ともなったら…(笑)

改行は訪問者への配慮もそうですが
後から自分で見るときにも役立ちます!

改行する場面はとても多いですから
そういうことこそ意識してほしいと
思っております(^^)